こうやって探せば間違いなし

過去に手がけた注文住宅を見ておきましょう

建築家を探す時のポイントは、相性が合うのかどうかです。それは人柄の良し悪しという意味ではなく、ここで言う相性とは自分たちが望む注文住宅を建てられるのかです。それを知るためには、建築家が過去に手がけた注文住宅を見ておくのが一番手っ取り早い方法です。たいていの場合は、ホームページにアクセスすれば公開しているので見ておきましょう。ただ中には他人の注文住宅は予算や希望がまったく違っているため、参考にならないという人がいます。しかし条件が違っても建築家の個性は出るもので、たくさん見ていくうちにそれがわかるようになってきます。例えばこの建築家が手がけた注文住宅は木目を生かして建てている、あるいは収納が多い、光の取り入れ方がうまいといった具合です。

建築家と会う時の注意点

感性や好みが合いそうな建築家が見つかったら、次にやるのは実際に会ってみることです。ただしその時に気をつけておきたいのは、希望を明確にしておくことです。個人の建築家は、少ない従業員で営業している場合がほとんどです。しかもいくつかの依頼を掛け持ちしていることがあります。その合間を縫って話を聞くことになりますから、本気で家を建てたい人でないと取り合ってはもらえません。そのためせめていつまでに注文住宅を完成させたいのか、そして予算はどれくらい用意できるのかくらいは決めておきましょう。できれば土地の広さや家族構成、希望している間取りなどを伝えられるとより良いです。とにかく具体的であればそれだけスムーズに話が進みます。

建築イメージが思いつかない場合は建築実例を参考にしましょう。分かりづらい部分も形として捉えることができます。