最後は街を歩いて探します

ハウスメーカーではつまらない

家を建てると決意した時、どんな人または会社に建てて欲しいですか。簡単なのは住宅展示場でハウスメーカーが見本として展示しているものを見て、契約することです。でも、ハウスメーカーに建ててもらった場合、在り来たりの家にしかなりません。折角、一生に一度と言われる費用を掛けて家を建てるのならば、自分だけのこだわりを持った家にしたいと思うでしょう。決して個性的というのではなく、自分が「これは」と思っている重要な部分が欲しいはずです。そんな時には建築士に依頼して、どこにも二つとない家を造ることが満足のいく家造りなのではないでしょうか。では、どうしたら自分だけの理想的な家を造ってくれる建築士と出会えるのでしょうか。

雑誌でも見つけられないときには

建築士を見つける場合、最初に思いつくのが住宅関係の雑誌や本を片っ端から見ていくことです。ですが、平面の写真だけではいまいちピンと来る物がないということもあります。他にも友人知人の家を見せて貰う事も良いですし、まだ家のイメージが漠然としていて時間的な余裕があるならば、近隣の街をなんとなく歩いてみることも一つの方法です。街は家の展示場と同じ、様々な建築家が多彩な家を建てています。そこでもしも自分が気になるデザインなどを見つけたら、思い切って何処の建築事務所に依頼されたのか尋ねてみるのです。まったくの見ず知らずのお宅なのですから、不審に思われないように丁寧に設計士を探していることを説明することが重要になります。