これだけは譲れないものを考える

最も確実かつ楽な方法とは

注文住宅は自由度がウリな物件ですが、いざ間取りを決める段階になって自由度の高さに頭を悩ませるオーナーも少なくありません。そこで大切な考え方の一つに、優先順位付けがあります。ここだけは譲れない、絶対に住宅を建てる上で欠かせないという要素を書き出し間取りに当てはめていけば、自然と間取りは完成していきます。最も確実かつ楽に考えられる方法なので、長々と間取りについて悩む必要もなくなります。ただし、家族の意見も聞いておきましょう。家族それぞれに譲れない条件があるかもしれませんし、せっかく意見を反映させられる注文住宅だからこそ重要です。理想全てを叶えられるわけではないため、折衷案も必要になるかもしれませんが、後々揉めないためには話し合いも無視できません。

和室など専用の部屋は必要か

優先順位を考えるうえで自然と選択肢として浮かび上がってくるのが、和室です。和室はほしいけど、優先順位としては微妙なところ、という方も多いのではないでしょうか。和室は単に落ち着くというだけでなく、子供が遊べる部屋だったり、両親が住みやすい部屋だったりと様々な利点を持ちます。また、客間としても優秀です。この他にも、室内干しをするための部屋を用意しておいたりと、何らかの専用の部屋を作っておくのも注文住宅において必要な考え方です。つい自分好みの空間だけ優先順位を高くしてしまいがちですが、各部屋のメリットを考慮したうえで優先順位付けする必要があるのです。そこまで考えてようやく、理想の注文住宅に近づけるでしょう。